HOME > 舗装事業

舗装事業

舗装工事は経年による道路のひび割れ、陥没などの補修工事や、新設の道路、駐車場の舗装など誰にでも身近な工事です。
しなのアスコンでは長年の経験に基づく多くの実績と高い技術力でお客様のご要望にお応えします。舗装工事のご用命は是非とも当社にお任せ下さい。

舗装工程


1.路床工 路床はいわゆる道路の基礎となる部分で、土壌の置換や安定処理などを行い支持力低下を防ぎます。

路床工程の様子 路床工程の様子

2.路盤工 整正された路床の上に路盤材(砕石)を敷き均し、振動ローラーなどを使用して締め固めを行います。
路盤は下層路盤と上層路盤の2層になっています。

路盤工程(下層)の様子 路盤工程(上層)の様子

3.基層工 アスファルト舗装を施工する前に、防水効果を得たり、接着をよくするために乳剤を散布します。その後フィニッシャーという機械で舗装の施工を行います。この場合の舗装は二層打ちとよばれ、下の層の基層、上の層の表層の2回に分けて施工します。施工時の一般的なアスファルト合材の温度は約150度あり、夏の炎天下での作業時は非常に過酷な作業です。

基層工程の様子

4.表層工 前工程で施工した基層の上にフィニッシャーで舗装の施工を行います。表層という層でこれが道路の表面になります。
ローラーで転圧を行い一定の密度になるように締め固めを行います。

表層工程の様子

5.完成 白線等が引かれて完成です。

基層工程の様子


舗装断面図

  • 事業案内
  • 藤森建設工業株式会社事業案内
  • 建設事業
  • しなのアスコン株式会社事業案内
  • 舗装事業
  • 舗装合材事業
  • 藤森砕石株式会社
  • 砕石事業
  • ネオストーン事業

このぺージトップのトップへ
Copyright (C) Fujimori Construction Industrial Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.